ハンドメイドのこと、子育てのこと…


by mihomelo0112

父と娘の会話

昨日長崎に住む父からメールが来た。
「まさかね、ゴチになります」と(;゚∀゚)
父は虎党なのだ。

「ぼたもちです。どうぞ召し上がれ」としたたかに返事をする。


さらにうちの両親も叔父も叔母も我が息子のように称する長崎出身の大瀬良くん。
「うちの子をどうぞよろしく」と、少なからず私の親戚みんな言う(笑)

なのに、昨日は「坊主にぜんばかね」と父。
「いや、せんでよか」と私。
産まれこそ長崎だけど、呉市民歴30年の私。
「聞くのは全然問題なし。
しゃべるのはちょっと難しいね」と、ハーフタレントのごとく言ってみる。


ご機嫌の父に、幻のホームランのこともほじくり返したい気持ちにもなったがぐっとガマンする。




でもね…
いつもならさ、Gと虎なら虎さん応援するのだろうけどさ、父にもそう言ってあげるんだけどさ、なんかそんな気持ちにもなれんのだ…。
ゴメンよ、お父さん。
そこまでいい子にはなれん。
なんだろうね、幻が残したしこり?みたいな。



うーん…「たらればは言わず、前進」と昨日は書いたが、さらに一夜明けてこれが本音かも。






[PR]
Commented by maco at 2015-10-09 12:12 x
こんにちは。

私も「せんでよか」と思います。^^
あの状況で、大瀬良くんを送り出す方こそが、坊主にしてほしいです。
長崎弁のメール、いいですね。私も故郷の人とは、よく方言メールで会話しています。

Commented by mihomelo0112 at 2015-10-10 07:59
macoさんへ♪
コメントありがとうございます☆
長崎ではもちろん中継はなく、新聞紙面で結果見るだけですしね…。
そうなるのかもしれません…(◞‸◟;)

私は、小学生の時、父の転勤で広島に来てずっとこっちなので、長崎弁で話すのは親戚ぐらいですね〜。
それも、私は広島弁で話し続けてるうちに、だんだん長崎弁に感化されていく感じですが(笑)
「Do you speak NAGASAKIBEN?」
「a little」みたいな(^_^;)
長崎弁でやりとりできるお友達がいるmacoさんが羨ましい〜
by mihomelo0112 | 2015-10-09 10:14 | カープ | Comments(2)